FC2ブログ


スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

自己流・闇音レンリ調声テク

category: その他  

今回は「この曲が終わるまで」で自分が実際に行ったレンリちゃんの調声方法です!


まず、調声の前に「UTAUエディターのダウンロードとインストール」「闇音レンリ音源のダウンロードとインストール」「UTAUプラグイン『連続音一括設定』のダウンロードとインストール」を行って下さい。

UTAUエディターのダウンロードとインストール(Windows)

UTAUエディターのダウンロードとインストール(Mac)
※「UTAU-Synth for MacOSX」をインストールして下さい。

闇音レンリver1.5のダウンロードインストール

連続音一括設定のダウンロードとインストール


次に、UTAUエディターにメロディを入力します。

メロディの入力方法は「UTAU ユーザー互助会@ウィキ」で詳しく解説されていますので、そちらを参照して下さい。

自分はPiapro Studioで音符を入力して、midiファイルに出力して、midiファイルをUTAUエディターでインポートしました。

音階と音の長さの編集方法、歌詞の編集方法についても同ページで解説されていますので、そちらを参照して下さい。

「UTAU ユーザー互助会@ウィキ」はUTAUに関する様々な情報が記載されていますので、困ったらとりあえず見て下さい!(自分もすごくお世話になりました)


最後に「連続音一括設定」を行います。

レンリちゃんは「連続音」という収録方式なので、音符と歌詞を入力しただけでは歌ってくれません。
以下の方法で必ず連続音一括設定を行う必要があります。

(1)UTAUエディターの「Mode2」ボタンをクリック
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/mode2.jpg

(2)UTAUエディターの「編集」→「全て選択」をクリック
   もしくは連続音一括設定したい部分をピアノロール上でドラッグ&ドロップ
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220534085.jpg
   
(3)UTAUエディターの「ツール」→「プラグイン」→「連続音一括設定」をクリック
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220625408.jpg

(4)そのまま「OK」ボタンをクリック
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220622e1d.jpg

ハキハキとした歌い方にしたい場合は「クロスフェードを設定」部分を「(p1,v1),(p4,v4)を使う」を、滑らかな歌い方にしたい場合は「(p2,v2),(p3,v3)を使う」を選択すると良いそうです。(どこかのブログで見ました)

自分は今回バラードを作ったので「(p2,v2),(p3,v3)を使う」を選択しました。


ここからが調声方法です!

1.子音速度とBRE(声のかすれ具合)の設定

UTAUエディターで音符単位に子音速度とBRE(声のかすれ具合)を設定できます。

(1)UTAUエディターの「編集」→「全て選択」をクリック
   もしくは子音速度を設定したい範囲をピアノロール上でドラッグ&ドロップ
   もしくは子音速度を設定したい音符をピアノロール上で右クリック
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220534085.jpg

(2)選択された音符上で右クリック→「複数選択のプロパティ」をクリック
   1音符を選択した場合は選択した音符を右クリック→「プロパティ」をクリック
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220528e69.jpg

(3)「詳細」をクリック
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/201609302205592ac.jpg

(4)「子音速度(β)」に「130」、「BRE」に「25」を入力して「OK」をクリック
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/2016093022060088f.jpg

子音速度は未入力でデフォルト値100、最小値0で子音の長さ2倍、最大値200で半分になります。
0だと発音がすごく遅く長くなり、200だと子音が聴こえづらくなります。
自分は130くらいがいいかなーと思い、エッジと吐息混じりの声以外は全て130にしました。
発音を極めたい方は音符単位で子音速度を変えるといいかもです。

BREはデフォルト値50ですが、数値を下げるとクリアな感じに、数値を上げるとかすれた感じの声になります。
最小値の0にすると一部の子音の発音が聴こえづらくなりました。
最大値の100にするとノイズだけになります。
自分はクリアな感じに歌わせたかったので25に下げました。
これも発音を極めたい方は音符単位でBREを変えるといいかもです。

今回の曲ではメインボーカル以外にもハモりトラックとAhUhコーラストラックも作っているのですが、ハモりは少しブレス感を出したかったのでBREを50に、AhUhコーラスはブレス感を沢山出したかったのでBREを80に設定しています。


2.裏声

レンリちゃんの歌声には「WHISPER」という表情音源があります。
裏声にしたい音符をダブルクリックして、既に入力されている文字の後ろに「W」を追加するだけで美しい裏声で歌ってくれます。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220624bab.jpg

今回は使わなかったのですが、「CLEAR」というハキハキとした強めの音源もあります。
「CLEAR」を使いたい時は文字の後ろに「C」を追加します。

ハモりトラックとAhUhコーラスは全て「WHISPER」で作りました。


3.エッジ

レンリちゃんの最大の武器のひとつであるエッジも「WHISPER」「CLEAR」と同じように、エッジを使いたい音符の後ろに「'」を追加します。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/201609302204100b8.jpg

エッジは子音速度値が大きいとエッジで発音する時間が短くなり効果が感じにくくなってしまうので、子音速度値は100以下がいいかなーと思います。

エッジが使える文字は「あ」「い」「う」「え」「お」「ん」だけですので、ご注意下さい。


4.吐息混じりの声

エッジと同じくレンリちゃんの最大の武器のひとつである吐息混じりの声を作る方法は、以下の通りになります。

(1)該当する音符の最後尾16分音符を分割します。
(2)分割した音符に「直前の音符の文字の母音ローマ字小文字+半角スペース+RW」と入力します。
直前の音符の文字が「あ」の場合は、「a RW」になります。
(3)分割した音符の子音速度を「0」にします。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220602abe.jpg

吐息混じりの声は長い音符の最後尾に付けるとすごく効果的ですが、音量がやや大きくなってしまうので、UTAUエディターで作成したwavファイルをDAWに取り込んでから吐息混じりの歌声の部分の音量を徐々に下げる感じに調整するといいかなーと思います。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220603ee8.jpg


5.しゃくり上げとしゃくり下げ


今回、しゃくり上げとしゃくり下げはPiapro Studioと同じ方法で行いました。
音符を分割し、音符を移動させることでしゃくり上げ下げを行っています。
(実際はPiapro Studioでメロディーを打ち込む段階でしゃくり上げ下げをしています)
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/2016092820063358d.jpg
上の画像だと3つめと4つめの「のお」がしゃくり上げ、7つめと8つめの「でえ」がしゃくり下げです。

さらに、今回の曲のようなバラードの場合は、しゃくり上げる音符間のつなぎを緩やかにすることで、滑らかにしゃくり上げをしてくれます。

しゃくり上げる音符間のつなぎを緩やかにする方法は以下の通りになります。

(1)UTAUエディターの左下にある「~」ボタンをクリックして、波形を表示させます。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/201609302205571e3.jpg

(2)しゃくり上げる後ろのほうの音符を選択します。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220505c7e.jpg

(3)UTAUエディターの「ツール」→「組み込みツール」→「おま☆かせ」をクリックします。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220405765.jpg

(4)「音程が上がるとき」のみチェックを入れ、「かわりかた」の直下にある「ゆっくり」をクリックします。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/201609302205001b1.jpg

(5)「選択部分だけ」をクリックします。
※「全部」をクリックすると選択していない音符にも適用されてしまうので気をつけて下さい!

選択した音符と直前の音符のつなぎが緩やかになったのが分かると思います。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220504eec.jpg

補足になりますが、しゃくり下げのつなぎを緩やかにすると幼い感じの歌い方になりました。
今回しゃくり下げはデフォルトのまま変更しませんでしたが、しゃくり下げもつなぎを変えると雰囲気が変わると思いますので、いろいろ試してみてください。


6.ビブラート

ボーカロイドと同じくUTAUでも歌声をビブラートさせることができます。

ビブラートをかける方法は以下の通りになります。

(1)UTAUエディターの左下にある「~」ボタンをクリックして、波形を表示させます。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/201609302205571e3.jpg

(2)ビブラートをかけたい音符を選択します。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220504eec.jpg

(3)UTAUエディターの「ツール」→「組み込みツール」→「おま☆かせ」をクリックします。http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220405765.jpg

(4)「声をふるわせるよ!」のみチェックを入れ、「かわりかた」は「あさく」、「はやさ」は「おそい」を選択します。
「ながさ」は後で変えられますのでどれでも大丈夫です。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220532949.jpg

(5)「選択部分だけ」をクリックします。
※「全部」をクリックすると選択していない音符にも適用されてしまうので気をつけて下さい!

レンリちゃんのビブラートの深さと早さは「あさく」「おそい」が一番いいかなーと思いました。
曲調や好みでベストなビブラートがあると思いますので、いろいろ試してみて下さい。

(6)以下の図のようにビブラートがかかっている部分に波形が表示されます。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220530ced.jpg

波形の左端の下の小さな縦線部分にカーソルを合わせると、カーソルの形が変わりますので、左クリックを押したまま左右にドラッグするとビブラートをかける長さを変えることができます。

ビブラートを削除したい場合は、波形中央近辺の下にある小さな□あたりを右クリックすると「ビブラートを解除」という選択肢が表示されますので、そこをクリックして下さい。


7.ブレス

今回自分は使いませんでしたが、レンリちゃんは息継ぎのブレス音も出してくれます。

息継ぎをさせたい長さの音符を作り、音符の文字を「breath01」「breath02」「breath03」「breath04」のいずれかにすると息継ぎの音が出ます。



ここまで出来たらUTAUエディターの「プロジェクト」→「wavファイルを生成」をクリックするとwavファイルが完成します。

UTAUエディターには様々なプラグインが存在しているので、「UTAU ユーザー互助会@ウィキ」などを参考にプラグインも駆使してみるともっともっとイイ感じて歌ってくれると思います。

もし「このプラグインは素晴らしいよ!」という情報をお持ちでしたらぜひぜひ教えて下さい!

8.エフェクト

ここから先はDAWの話になるので、DAWを使い込んでいる方やボーカルへのエフェクトのかけかたを熟知されている方は読まなくても大丈夫です。

完成したwavファイルをDAWに取り込んだらそこで完成!としても大丈夫なのですが、DAWでエフェクトをかけることにより、より美しいボーカルに仕上げる事ができますので、ご参考までに記載させて頂きます。

お化粧のようなものだと思って頂ければ、と思います。

自分は今回DAWで「Chorus」「リバーブ(Open Air)」「EQ(イコライザー)」「Compressor」を使いました。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/2016093022041168f.jpg

「Chorus」はよく使いますよね。音がより華やかな感じになるエフェクトです。
自分は結構めいっぱいかけちゃっています。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220501e41.jpg

「リバーブ」もよく使うと思います。音に残響をつけるエフェクトです。
リバーブはかけすぎるとお風呂で歌ったような音になってしまうので、ちょっと残響感を感じるくらいがちょうどいいと思います。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/20160930220533b48.jpg

「EQ(イコライザー)」もよく使うと思います。
EQは今までのボカロ曲と同じ感じで、超低音域と超高音域をカットして、あとはボーカルを前に出したかったので1kHzを少し持ち上げています。
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/EQ.jpg

「Compressor」はUTAUでは使ったほうがいいかな?と思います。
UTAUエディターで作ったwavをそのまま聴くと、音源によっては音量にかなりバラつきがあるんですよ(レンリちゃんはバラつきがとても少ないほうだと思います)。

そんな時に役立つのがコンプレッサーです。
一言で言うとコンプレッサーをかけるだけで音量のバラつきがほぼ無くなります!
http://blog-imgs-91.fc2.com/y/u/z/yuzzimusicstudio/2016093022050306b.jpg

ただ、コンプレッサーをかけすぎると子音の発音が聴こえなくなったり、歌声が潰れてしまう場合もあると思いますので、かけすぎにはご注意下さい。


こんな感じかな?


レンリちゃんは初めてUTAUに挑戦した自分が作っても素晴らしい声で歌い上げてくれたので、UTAU初心者にも使いやすい素晴らしい音源だと思います。

この記事を読んで下さった方へ少しでもお力添えができればいいな、と思います。
スポンサーサイト

2016_09_30

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

YuZZi

Author:YuZZi
DTMerです

最新コメント

来訪者数

メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。